芭蕉記念館 前期企画展「江戸の俳壇 -嵐雪と雪門・雪中庵の俳人たち-」(2015年6月25日(木)~12月20日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kcf.or.jp/basyo/event_detail_030200600263.html
——————–
前期企画展「江戸の俳壇 -嵐雪と雪門・雪中庵の俳人たち-」
 其角とともに蕉門の双璧とされた、嵐雪を祖とする雪門派は、要津寺(墨田区千歳)を拠点に活発な俳諧活動を展開しました。今回の展示では、その雪門にスポットを当てながら、雪門の系統を継承する「雪中庵」俳人の活動の一端を作品とともに紹介します。
 嵐雪の遺墨や初公開の桜井吏登筆「狼と」句短冊(雪中庵二世)、 肉筆ならではの色使いが際立つ、「嵐雪肖像」(梅室編「古哲俳家三十六俳仙」)など、貴重な作品の数々をどうぞお楽しみください。
 また、同時開催の「江戸における芭蕉-その生活と住い」のコーナーでは、芭蕉の江戸下向をめぐる諸説や深川芭蕉庵の位置について探ります。
日付 6月25日(木)~12月20日(日)
時間 9:30~17:00 ※入館は16:30まで
場所 2階展示室
料金 大人200円(150円)、小・中学生50円(30円) ※( )内は20名以上の団体料金、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は半額
期間中の休館日 第2・第4月曜日(但し、祝日の場合は翌日)
※ 詳細は、芭蕉記念館までお問い合わせください。