« 田中ゆかり「地域語の経済と社会 第330回 「ザ・九州弁」ができるまで―『聖サルマタ伝』から『男おいどん』へ―」(三省堂Word-Wise Web) | メイン | 『史学雑誌』第124編第5号(広告掲載) »

2015年6月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第67回日本文学協会国語教育部会 夏期研究集会 テーマ 第三項と〈世界像の転換〉―ポスト・ポストモダンの文学教育―(2015年8月8日(土)・9日(日)、東京都立産業技術高等専門学校(品川キャンパス)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://nihonbungaku.server-shared.com/whatsnew/2015_8kakikennkyuu-rink.html
--------------------

■ 第67回日本文学協会国語教育部会
夏期研究集会のご案内■

 日本文学協会国語教育部会では、昨年来の「〈第三項〉と〈語り〉」を引き継ぎ、今年のテーマを「第三項と〈世界像の転換〉」としました。このテーマはこれまでの部会の問題意識を更に強く押し出したものです。
 第三項論とは、「読むこと」を主体と客体の二項で問題にするのではなく、主体と主体が捉えた客体と客体そのもの(・・・・)という三項のメカニズムで捉え、世界観認識を問題にしようとするものです。「客体そのもの(・・・・)という第三項」は〈言語以前〉、了解不能の《他者》です。第三項の〈影〉が働いて、〈本文(ほんもん)〉=〈わたしのなかの他者〉が読み手に現れてくるのであり、その〈本文〉を〈第三項〉に向けて〈自己倒壊〉し続けようとする闘いが、「読むこと」の〈価値〉を創造していきます。「語ること」も、「読むこと」と同様に三項のメカニズムで捉える必要があり、「近代の物語文学」と「近代小説」の違いが問われることになります。私たちは、こうした〈世界像の転換〉が、今日の相対主義の闇を絶ち、ポスト・ポストモダンの文学教育を拓いていくと考えています。
 文学教育、あるいは教育全般に関心のある多くのみなさんの参加を願ってやみません。

ご案内と参加申込書へのリンク(PDF)(プリントしてご使用ください。)

テーマ 第三項と〈世界像の転換〉―ポスト・ポストモダンの文学教育―

日時 8月8日(土)~8月9日(日)

会場 東京都立産業技術高等専門学校(品川キャンパス)
   〒140-0011 東京都品川区東大井1-10-40
   りんかい線 品川シーサイド駅下車3分
   京浜急行 青物横丁駅下車10分
   https://www.metro-cit.ac.jp/information/access/

日程
8日(土)
 12:00~ 受付開始
 13:00~ 開会挨拶
 13:10~ 基調報告 山中正樹(創価大学)
 14:00~ 講座・討論
      「〈語り手〉の闇を〈聴く〉、「読むことの秘鑰」
      難波博孝(広島大学大学院)
      田中 実(都留文科大学名誉教授)
 17:00 事務局連絡

9日(日)

午前の部 9:00~12:00 実践報告(分科会)
 小学校分科会
 佐々木誠(松坂市立香肌小学校)
 山中勇夫(宇都宮市立御幸小学校)「『ぐりまの死』の小学校教室実践
  ―読むことの楽しさに気付かせる―」

 中学校分科会
 坂本まゆみ(北杜市立長坂中学校)「中学生と読む『土神と狐』」
 浅川 学(北杜市立長坂中学校)

 高校分科会
 吉川将弘(広島修道大学附属鈴峯女子中学校・高等学校)「語り手を意識した『檸檬』の授業」
 丸山義昭(新潟県立柏崎高等学校)「教室で読みなおす 漱石『こころ』」

午後の部 13:00~16:00

 シンポジウム 「第三項と〈世界像の転換〉―ポスト・ポストモダンの文学教育―」
 司会 中村龍一(松蔭大学)
 佐野正俊(拓殖大学)「多和田葉子「台所」(『きつね月』所収)を読む」
 篠原武志(洛星中学校)「芥川龍之介『白』の語り
  ―書かれないことを教室に持ち込む失敗とフォローアップ―」
 森美智代(福山市立大学)「可能世界を立ち上げる文学の教室
  ―小学校6年生の文学の授業をもとに―」
16:10〜 講演   清水哲郎(東京大学)
17:30〜 閉会挨拶 横山信幸(愛知教育大学名誉教授)

参加費 全日参加 4000円(ただし、学生は2000円) 一日参加 2000円(学生は1000円)

注意
・参加費は原則として前納でお願いします。
・下記の郵便口座にお振り込みの上、申込用紙を日本文学協会事務局宛にお送り下さい。
 口座番号 00160-7-23502 日本文学協会国語教育部会
・駐車場の用意はありません。お車での来場はご遠慮ください。
・宿泊は各自でお申し込みをお願いします。混み合うこともございますので、早めに申し込みください。
・一日目は終了後に懇親会を予定しております。

お問い合わせ
日本文学協会
〒170-0005 豊島区南大塚2-17-10 TEL/FAX 03-3941-2740
e-mail:bungaku1946@piano.ocn.ne.jp


●グーグル提供広告