« 日本音声学会2015年度成果公開イベント「声とことばの不思議」(2015年7月18日(土)、日本大学文理学部百周年記念館) | メイン | 大正イマジュリィ学会第35回研究会・シンポジウム「〈音〉の空間――大正、近代」(2015年7月18日(土)、静岡文化芸術大学 南棟2階281教室) »

2015年6月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●南方熊楠顕彰館 第41回月例展 熊楠とゆかりの人びと第24回 多屋謙吉(2015年6月6日(土)~7月5日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.minakata.org/cnts/news/index.cgi?c=i150606
--------------------

第41回月例展 熊楠とゆかりの人びと第24回 多屋謙吉

南方熊楠と繋がりのあった人物を取り上げて、その人物の生涯や業績、熊楠との関係などを紹介するシリーズ。今回は熊楠と親交が深く、田辺で質屋を営んでいた熊楠の金庫番とも言える「多屋謙吉」をご紹介します。

■内容
◆多屋謙吉プロフィール
◆日記と写真でたどる多屋謙吉の日露従軍
◆日露戦争と当時の社会と人々の生活
◆熊楠の植物研究所設立と金融恐慌
◆俳句と多屋謙吉

■人物紹介
◆多屋謙吉[たや・けんきち](1876-1955)
田辺の素封家。1876(明治9)年、田辺に生まれる。和歌山中学卒、日露戦争に歩兵中尉として従軍。田辺の上屋敷で質屋を営む。
俳句を嗜み、書画に趣味をもつ。経済の事情に明るく篤実な性格で、熊楠の信頼をうけて経済面での相談に与り、また助言をすることがあった。
1955(昭和30)年、79歳で死去。

■展示・掲載予定資料
◇南方熊楠自筆資料(多屋謙吉宛封書)
◇多屋謙吉関連資料(自筆の俳句掛軸など)
◇明治初期の教科書資料
◇日露戦争関連資料

■説明会
●7/4(土)14時~ 道明 熙[みちあき・ひろし](南方熊楠顕彰会学術部副部長)

会期 2015年6月6日(土)~7月5日(日)
時間 10:00~16:30(最終入館)
会場 南方熊楠顕彰館
休館日 6月8日(月)、9日(火)、15日(月)、22日(月)、23日(火)、29日(月)
入場料 無料


●グーグル提供広告