『太宰治スタディーズ』別冊 第2号・平浩一著『「文芸復興」の系譜学──志賀直哉から太宰治へ』の書評が掲載されました

太宰治スタディーズの会さまよりいただきました。
1881-235X-2X.jpg
●公式サイトはこちら
http://d.hatena.ne.jp/d-studies/20150619/1339998363
A5判・並製・52ページ
—————————————-
購入は、以下までお問い合わせ下さい。
〒560-8532
大阪府豊中市待兼山町1−5
大阪大学大学院文学研究科内 斎藤理生研究室
—————————————-
【目次】
自由論文
大國眞希 水、鏡、音の変奏──「ダス・ゲマイネ」から
松本和也 林語堂Moment in Peking翻訳出版をめぐる言説──日中戦争期の文学場一面
小澤 純 太宰治と村上春樹を切り閉じるノート――三島由紀夫・奥野健男・フロベール『感情教育』――
書評
滝口明祥著『井伏鱒二と「ちぐはぐ」な近代 漂流するアクチュアリティ』(新曜社)若松伸哉
井原あや著『〈スキャンダラスな女〉を欲望する 文学・女性週刊誌・ジェンダー』(青弓社)鈴木貴宇
松本和也著『昭和一〇年代の文学場を考える 新人・太宰治・戦争文学』(立教大学出版会)大石紗都子
平浩一著『「文芸復興」の系譜学──志賀直哉から太宰治へ』(笠間書院)西野厚志
著者紹介・編集後記