« 國學院大學國文學會春季大会(平成27年6月27日(土)・28日(日)) | メイン | 2015年度・能楽学会7月 東京例会(7月23日(木)、法政大学市ヶ谷キャンパス) »

2015年6月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第291回 日文研フォーラム「おんなもの ――日本の伝統芸能における「女性」の登場とその表象をめぐって」(2015年7月7日(火)、ハートピア京都)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

フォーラム情報です。

●公式サイトはこちら
http://events.nichibun.ac.jp/ja/archives/cal/2015/07/07/index.html
--------------------

2015年7月7日 第291回 日文研フォーラム

場所:ハートピア京都 3階大会議室 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
開場時間: 18:15
開始時間: 18:30
終了時間: 20:30
申込み: 不要
受講料: 無料
定員: 先着180名
概要:
 猿楽、舞楽、能、狂言、歌舞伎、文楽など、日本の伝統芸能は、男性中心の世界であるとされています。たしかに、中世以前から現在に至るまで、演者も作者も主に男性が占めていました。本講演ではそうしたなかで、女猿楽、女曲舞、女房狂言、女文楽などのジャンル、また歌舞伎の「女暫」、「女鳴神」、「女忠臣蔵」といった演目に注目し、日本の伝統芸能における「女性」の存在を探ります。そして、このような女性中心の芸能や歌舞伎の狂言を、「おんなもの」として定義できることを論じたいと考えております。

内容

発表者 おんなもの ――日本の伝統芸能における「女性」の登場とその表象をめぐって
ガリア トドロヴァ ペトコヴァ ガブロフスカ ブルガリア国立演劇映画芸術アカデミー 客員講師 ・ 国際日本文化研究センター 外来研究員(国際交流基金フェロー)
コメンテーター 佐伯 順子 同志社大学 教授
コメンテーター 森山 直人 京都造形芸術大学 教授
司会 佐野 真由子 国際日本文化研究センター 准教授


●グーグル提供広告