國學院大學國文學會春季大会(平成27年6月27日(土)・28日(日))

研究会情報です。
●公式サイトはこちら

http://www.kokugakuin.ac.jp/letters/bun18_00003.html
——————–
國學院大學國文學會春季大会
平成27年度國學院大學國文學會春季大会を、下記の通り開催いたします。
会員以外の方のご来聴を歓迎いたします。なお、参加費は無料です。
             記
日時:平成27年6月27日(土)・6月28日(日)
会場:國學院大學120周年記念1号館1105教室
6月27日(土)
【公開講演会】午後1:30~午後4:30 1105教室
醜男醜女考 國學院大學准教授 土佐 秀里
もうひとつの熊野三山 薩摩硫黄島 國學院大學教授 野中 哲照   
 -延慶本『平家物語』の解読から拓ける古代信仰の地平-
6月28日(日)
【研究発表会】午前9:30~午後3:30 1105教室
〈午前の部〉 9:30~12:00
・中島敦「山月記」論 國學院大學大学院生 内田 浩之
 -悲哀を語らせる聞き手袁傪-
・『古事記』におけるスサノヲの〈清明心〉 國學院大學大学院生 松川  蒼
 -漢籍の「清明」を通して-
・『古事記』のヒルコ退場と 國學院大學大学院生 中村 尚徳
 葦船の関連性について           
〈午後の部〉 1:00~3:30
・『源氏物語』「あたら夜」考 國學院大學大学院生 神原 勇介
 -光源氏を動かした明石の入道の言葉をめぐって-
・『平家物語』における平時子像 國學院大學大学院生 山口 翔平
 -覚一本を中心に-
・藤原教長の政教的和歌観と仏教思想 國學院大學兼任講師 荒木 優也