小倉百人一首殿堂 時雨殿「京都モダン観光の誕生~嵯峨・嵐山の近代」展(平成27年6月23日(火)~8月23日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.shigureden.or.jp/about/catalog_special.html
——————–
「京都モダン観光の誕生~嵯峨・嵐山の近代」展
会期:平成27年6月23日(火)~8月23日(日)
大正から昭和初期の案内書や鳥瞰図から嵯峨・嵐山地域の観光と近代化の歩みをたどる
京都では、昭和三年(一九二八)の昭和御大礼をきっかけに観光ブームがまきおこります。寺社などの名所・旧跡とともに、電車やケーブルカー、観光バスなどの交通手段の発展によって郊外に新たな観光ルートが開かれました。それに合わせて各地の観光地を宣伝する各種の案内や雑誌、ポスター、絵はがきなどが制作され、モダンなデザインの広告が多くの人々を観光へと誘いました。
今回は建築史家で都市文化・観光の専門家である橋爪紳也氏の膨大なコレクションから、「大正の広重」と呼ばれた吉田初三郎(一八八四~一九五五)による芸術的鳥瞰図や貴重なパンフレット・絵はがきなどを展示し、嵯峨・嵐山地域の観光と近代化の歩みをたどります。