« 読売新聞(2015.6.1)で、上野 誠『古典不要論への反撃!? 書評劇場』が紹介されました | メイン | 【参加者募集】第1回学術政策セミナー-大学のこれからを考える-「研究経営人財育成にむけて」(2015年7月10日開催)(大阪大学)※事前の参加申込が必要 »

2015年6月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●異類の会・伊藤慎吾「異類合戦物をめぐる二、三の問題―戯人名・事実譚・対人型―」(第54回)(2015年6月13日(土)17時、大東文化会館 K-403教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://bit.ly/1RXTALN

--------------------

日時:6月13日(土)17時(16時から入室可)
会場:大東文化会館 K-403教室
http://www.daito.ac.jp/file/block_49513_01.pdf

伊藤慎吾
「異類合戦物をめぐる二、三の問題―事実譚・対人型・戯人名―」

要旨
異類同士の合戦をテーマにした物語を異類合戦物という。餅×酒、野菜×魚、獣同士、虫同士などがあり、もっと狭い範囲では淡水魚×海水魚、山の野菜×里の野菜、京の織物×関東の織物などの対立軸がある。こうした異類合戦の物語は中世後期から幕末明治期にかけて文芸世界でさまざまに展開していった。
こうした流れを俯瞰したとき、幾つか気になる問題がある。
第一に事実譚との関わりである。物語文芸のテーマとしての異類合戦物はお伽草子の時代に増えるが、蛙や蟻、雀の合戦は平安期から都鄙で実際に目撃され、伝聞記事として記録されてきた。こうした事実譚との関わりはどうなのか。
第二に人間との戦いを描く説話・物語の位置付けである。異類合戦物は異類同士を前提とするが、中には「清盛蜂合戦」のように人間と蜂の戦いを描いたものがある。一般に人間と異類との戦いというのは、人間が人間を襲う異類を〈退治〉するという異類退治物として捉えられる。ところが「清盛蜂合戦」のような物語は〈退治〉に主眼が置かれているのではなく、〈合戦〉が主であって、退治できたかどうかといった結末は重要ではない。このように人間が異類と戦いながらも退治をテーマとしない物語をどう捉えるべきか。
第三に名前の付け方と世界観の問題である。異類合戦物においては、少なくとも主要キャラクターには固有名詞が与えられる。魚のブリならば「鰤丹後守」、虫のホタルならば「蛍左衛門尉尻照」などである。これを擬人名という。ところが人間世界で人間に名付ける名前にこうした擬人名に類する名前を付ける作品が散見される。たとえば「小倉又兵衛忠酔」は酒の擬人名ではなく、ただの酒好きな人の名前である。こうした非現実的な人名を用いる作品と異類合戦物との関わりはどうなのか。
以上、3つの問題について考えていきたい。


●グーグル提供広告