伊丹市立美術館「写楽と豊国〜役者絵と美人画の流れ〜」(2015年7月11日(土)〜8月30日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://artmuseum-itami.jp/exhibition/schedule/10873/
——————–
会期:2015年7月11日(土)ー8月30日(日)
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30 まで)
会場:伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
休館日:月曜日(ただし7月20日は開館、7月21日は振替休館)
入館料:一般800(700)円、大高生450(300)円、中小生150(100)円
*( )内は20 名以上の団体割引*兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料*4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
江戸時代、歌舞伎は老若男女にとって最大の娯楽であり、役者たちや芝居の様子を描いた浮世絵は、歌舞伎芝居の余韻を楽しみ、贔屓の役者を身近において眺めるブロマイドであり、美人画にならぶ主要なジャンルとして初期から幕末まで描かれました。なかでも寛政6(1794)年は、新進気鋭の絵師・歌川豊国(1769〜1825)をはじめ、彗星のごとく現れた東洲斎写楽(生没年不詳)が活躍し、その時期、衰退気味であった役者絵の刊行量はこの二人に牽引されるように増加します。この役者絵の転換期に現れた写楽と豊国ですが、写楽が短期間で姿を消したこととは対照的に、豊国は浮世絵界で最大の流派となる歌川派を拡大し、その後の浮世絵界をリードする存在となります。つづく文化文政期(1804〜1830)には、芝居ブームを背景にした数多くの役者絵と、芝居から派生した新しい感覚の美人画が生み出され、歌川派の絵師たちが筆をふるいました。
本展では、写楽と豊国を軸にした寛政期の浮世絵を出発点として、幕末にいたる歌川派の役者絵と美人画の流れを浮世絵130点と肉筆画10点で紹介いたします。江戸の人々を夢中にさせた人気役者や力自慢の力士たち、寛政三大美人と謳われた評判娘といった人気者を通して、江戸の賑わいをお楽しみいただきます。
プレス・リリース (PDF : 1.5MB)
イベント情報
講演会「写楽のミステリーの時代」
講師:中右瑛(国際浮世絵学会常任理事・本展監修)
日時:2015年7月11日(土) 午後2時~
場所:美術館1階講座室
※聴講無料(要観覧券)/申込不要
体験講座「浮世絵摺りの実演と子ども摺り体験」
伝統木版の保存、継承を目的に活動を行う「公益財団法人 アダチ伝統木版画技術保存財団」の職人による摺りの実演と、子ども摺り体験を行います。
講師:公益財団法人 アダチ伝統木版画技術保存財団 摺師
日時:2015年8月8日(土)
●午前の部:11時〜12時
対象:どなたでも(参加無料・要当日観覧券/申込不要)
●午後の部:14時〜16時
対象:小学生以上 定員25名(参加料500円・別途要当日観覧券)
*午後の部は電話072-772-7447まで事前にお申し込みください。