« 日本語学会春季大会シンポジウム「「うた」の日本語研究」報告 ○浅田 徹(お茶の水女子大学)【2015.5.24・於関西学院大学】 | メイン | 平成27年第50回記念 明治古典会七夕古書大入札会(一般下見会 2015年7月3日(金)10:00~18:00・7月4日(土)10:00~16:00) »

2015年6月25日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●小樽文学館・企画展「学校の怪談とSF・ミステリのある風景 楢喜八原画展」(2015年6月6日(土)~8月2日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://otarubungakusha.com/exhibition/2015051718
--------------------

会期:2015年6月6日(土)~8月2日(日)

休館日:月曜日(7月20日を除く)、7月21日(火)、22日(水)

入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

【 楢喜八(なら きはち)は1939(昭和14)年サハリン生まれ。1948年~58年まで北海道雨竜郡沼田町に住んだ。1968年『ミステリマガジン』(早川書房)オーガスト・ダーレス作 幻想と怪奇「ダーク・ボーイ」の挿絵でデビュー。ユーモアの加味された幻想的な作風で人気を得る。海外ミステリ・SF作品だけではなく、筒井康隆、阿刀田高、かんべむさしなど、日本を代表するミステリ・SF作家作品の装幀、挿絵を早くから手がけた。1978年、講談社出版文化賞(さし絵部門)受賞。2004年、第一回田河水泡賞(日本出版美術家連盟展)受賞。
 1990年から『学校の怪談』シリーズの挿絵を手がけ、子どもたちにも人気を博する。『学校の怪談』は、民俗学者、国立歴史民俗博物館教授の常光徹が現代の口承文芸として調査・研究してきた成果をもとに、児童向けの読物として書き下ろしたシリーズで、楢喜八の怖いながらユーモラスで愛らしい絵とあいまって、全国の図書館、学校図書館で児童たちの圧倒的な支持を得た。
 本展は、60年代から現在までの作品約370点と、掲載図書など関連資料を一堂に展示。長い経歴と常に新しい感覚で、幅広い年代に好まれる挿絵画家の、北海道初の本格的作品展です。】


●グーグル提供広告