« 経済観測:役立たぬ「学術教養ごっこ」=経営共創基盤CEO・冨山和彦(毎日新聞) | メイン | 今ある秩序をこえるために――文学の時代錯誤と試行錯誤 日本文学者・位田将司氏インタビュー【高校生のための教養入門】(SYNODOS) »

2015年6月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本近代文学館・通常展「近代文学の名作・昭和」(2015年6月27日(土)~9月19日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bungakukan.or.jp/cat-exhibition/cat-exh_current/6178/
--------------------

6月27日(土)~9月19日(土)

開館時間 午前9:30~午後4:30(入館は4:00まで)
観覧料 一般 100円 団体割引はありません
休館日 日・月曜日、第4木曜日(7月23日、8月27日)

【 日本近代文学館では春・秋2回の特別展の他に、主に複製資料から構成し、日本近代文学の代表的な作家や作品を通史的に紹介する通常展を年2回開催しています。
 1926年、元号が「大正」から「昭和」にあらたまり、明治維新以来発展してきたわが国の近代社会は激動の時代を迎えることになりました。暗い戦争の時代から敗戦により価値観の大きな転換が迫られる中で、わが国の「文学」もまた時代の風を受けながら、新たな変化を遂げてゆきます。
 通常展示「近代文学の名作・昭和」は、この日本近代文学の変革期である昭和文学の前半期(昭和元年から昭和30年前後まで)の文学運動や代表的な作家たちの功績を、当館所蔵の複製原稿・書簡、書籍・雑誌等で紹介するものです。】


●グーグル提供広告