国文学研究資料館、バチカン図書館で発見されたキリシタン関係史料約1万点の資料群の調査・研究のためのマレガ・プロジェクトのホームページを公開(カレントアウェアネス・ポータル)

【2015年6月4日、国文学研究資料館が、マレガ・プロジェクトのホームページを公開しています。
マレガ・プロジェクトは、2011年にローマ教皇庁バチカン図書館において発見された近世豊後地域のキリシタン関係史料約1万点の資料群を国文学研究資料館をはじめとした日本の研究機関とバチカン図書館が合同で調査研究を行うものです。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/28618