« 河北騰『増鏡全注釈』(笠間書院) | メイン | 国際ワークショップ : 「比較的観点から見た係り結び」(2015年9月5日(土)・6日(日)国立国語研究所2F・講堂) »

2015年6月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●「出版法制史研究会」第12回例会(2015年 7月 11日 (土)、國學院大學 渋谷キャンパス 若木タワー5F 0507教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら

http://blogs.yahoo.co.jp/shk_chukyo/12865445.html
--------------------

・日時: 2015年 7月 11日 (土) 午後1時30分~6時

・会場:國學院大學 渋谷キャンパス 若木タワー5F 0507教室 
最寄り駅:JR渋谷駅 東口から徒歩15分
※会場へのアクセスは國學院大學ホームページをご参照ください。

・発表論題
新井 正人(慶応義塾大学大学院生)
 天皇をめぐる記述に対する検閲の様相―内務省委託本の事例を中心に―
   
浅岡 邦雄(中京大学教授)
 小山いと子作「指にある歯型」校正刷の意味―内閲に関する新出資料をめぐって―
                  

※研究会終了後、懇親会を予定しておりますので、こちらにもぜひご参加ください。


●グーグル提供広告