『婦人画報』創刊110周年サイトが公開に(創刊号は6/30まで全文公開中)

○公式サイト
http://www.fujingaho.jp/lovejapan110/
110年史のほか、表紙ギャラリーがあり、創刊号は6/30まで公開。
また、小説・読み物のコーナーでは、以下のタイトルが当時の誌面で読むことが出来ます。
01
小説『女心』(1922年掲載)
室生犀星(1889~1962)
02
小説『由縁の女』(1919年〜1921年連載)
泉 鏡花(1873〜1939)
03
随筆『回想の独歩』(1942年掲載)
真山青果(1878〜1948)
04
小説『ろまん灯籠』(1940年〜1941年連載)
太宰 治(1909〜1948)
05
随筆『夫独歩逝きてより』(1909年掲載)
国木田治子(1879〜1962)
06
小説『花売り娘』(1932年掲載)
堀 辰雄(1904〜1953)
07
小説『歳子の一族』(1924年掲載)
室生犀星(1889〜1962)
08
その他『現代婦人文化と婦人雑誌』(1937年掲載)
岡本かの子(1889〜1939)
09
随筆『愛よ愛』(1933年掲載)
岡本かの子(1889〜1939)
10
その他『有島武郎氏とその恋人との死』(1923年掲載)
秋田雨雀(1883〜1962)ほか
11
随筆『欧州より』(1912年連載)
与謝野晶子(1878〜1942)
12
小説『ある婦人に与ふる手紙』(1912年〜1913年連載)
島崎藤村(1872〜1943)
13
随筆『京都の女 東京の女』(1910年掲載)
幸田露伴(1867〜1947)
14
随筆『我家に来る客のいろいろ』(1911年掲載)
与謝野晶子(1878〜1942)
15
随筆『良妻愚妻』(1905年掲載)
田山花袋(1871〜1930)
16
小説『流れる青空』(1934年連載)
林 芙美子(1903〜1951)
17
小説『慎ましき配偶』(1920年掲載)
菊池 寛(1988〜1948)
18
詩「うたふやうにゆつくりと……」(1937年掲載)
立原道造(1914〜1939)