SAT大蔵経テキストデータベース研究会 公開ワークショップ・永崎研宣氏「仏教研究におけるデジタル技術の現在 ~SAT DBの具体的な活用手法について」(2015年5月22日(金) 、京都大学・教育学部・第7演習室)

研究会情報です。
●情報入手はこちら
http://d.hatena.ne.jp/digitalnagasaki/20150520/1432110920
——————–
SAT大蔵経テキストデータベース研究会
「仏教研究におけるデジタル技術の現在 ~SAT DBの具体的な活用手法について」
日時:2015年5月22日(金) 16:30~18:00
場所:京都大学・教育学部・第7演習室
(吉田キャンパス本部構内・総合研究2号館B1F)
講師:永崎研宣(一般財団法人人文情報学研究所/SAT大蔵経テキストデータベース委員会)
概要:
SAT2012の機能紹介とその後に追加された幾つかの新機能、及び、現在のSATの取り組みについてご紹介します。すでによくご存じという方でも、SATに対するご要望等がありましたらぜひこの機会に直接お知らせください。
ご参加に際して持ってきていただきたいもの:
インターネット接続可能なノートパソコンをお持ちくださると色々便利かと思います。ただし、必須ではありません。なお、電源とインターネット接続は開催者側ではご用意できませんのでご注意ください。