「RECORDING / DECODING (KYOTO – HONG KONG – ISTANBUL)」展(2015年4月18日(土)〜5月10日(日)、アンスティチュ・フランセ関西(京都府))

展示情報をいただきました。

——————–
「RECORDING / DECODING (KYOTO – HONG KONG – ISTANBUL)」展
2015年4月18日(土)〜5月10日(日) アンスティチュ・フランセ関西にて
公式サイト
http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/recording-decoding-kyoto-honk-kong-istanbul/
コレクション日本歌人選」第2期と3期のカバー写真を手がけた小野規氏の作品も展示されています。
展示作家:大河原光、畠山元成、小野規
キュレーション:小野規、イザベル・オリヴィエ
会期:4月18日(土)~5月10日(日)
時間:火曜~土曜:10:00~19:00/日曜:10:00~15:00
休館:月曜 ・祝日
※GW休館中(4月29日(水)~5月5日(火))の展覧会特別オープン 12:00~17:00
入場料:無料
写真はその発明以来 180 年間、記録と表現の間を揺れ動きながら、変化し続ける世界を表象してきました。近年はデジタルテクノロジーの発達と普及により、写真におけるリアリティや世界を表象することの意味も変わりつつあります。本展では「記録」をキーワードに、報道写真とは別の角度から、写真によるドキュメンタリーの可能性について考えます。写真を記録のツールとして用いながらも、それを同時に表現へと展開していこうと試みる京都在住の作家3名が、それぞれ京都/香港/イスタンブールで制作した作品を展示します。
アンスティチュ・フランセ関西 – 京都 サロン3F
〒 606-8301 京都府 京都市 左京区吉田泉殿町8