なぜ”生まれ故郷”の日本で「春画展」が開けないのか…欧米では相次ぎ開催、西洋美術への影響が研究されているのに(産経ニュース)【正式発表はまだだが、いよいよ今秋、都内の美術館が春画展を開くという話が出ている。どんな展示になるのか、注目を集めそうだ。】

【2013年秋から冬にかけてロンドンの大英博物館で開かれた史上最大規模の春画展「春画-日本美術の性とたのしみ」は、日本国内に波紋-ある疑問を投げかけた。それは大英春画展の日本巡回が頓挫したことでより大きくなり、いまなお宙に浮いたままになっている。「なぜ、日本で春画展を開けないのか」-。】
つづきはこちら。産経ニュース。
http://www.sankei.com/premium/news/150509/prm1505090028-n1.html
※注目は記事末、
【正式発表はまだだが、いよいよ今秋、都内の美術館が春画展を開くという話が出ている。どんな展示になるのか、注目を集めそうだ。】