« 東海近世文学会5月例会(第253回)(平成27年5月23日(土)、熱田神宮文化殿二階会議室) | メイン | 東洋大学 講演「江戸初期の日英貿易と文化交流」-2015年度文学部グローバル化推進事業 第1回講演会 講演者:タイモン・スクリーチ氏(2015年6月25日(木)) »

2015年5月12日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●なぜ"生まれ故郷"の日本で「春画展」が開けないのか...欧米では相次ぎ開催、西洋美術への影響が研究されているのに(産経ニュース)【正式発表はまだだが、いよいよ今秋、都内の美術館が春画展を開くという話が出ている。どんな展示になるのか、注目を集めそうだ。】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【2013年秋から冬にかけてロンドンの大英博物館で開かれた史上最大規模の春画展「春画-日本美術の性とたのしみ」は、日本国内に波紋-ある疑問を投げかけた。それは大英春画展の日本巡回が頓挫したことでより大きくなり、いまなお宙に浮いたままになっている。「なぜ、日本で春画展を開けないのか」-。】
つづきはこちら。産経ニュース。
http://www.sankei.com/premium/news/150509/prm1505090028-n1.html

※注目は記事末、
【正式発表はまだだが、いよいよ今秋、都内の美術館が春画展を開くという話が出ている。どんな展示になるのか、注目を集めそうだ。】


●グーグル提供広告