« 「京都大学オープンアクセス方針」を採択しました(京都大学図書館機構) | メイン | 学界時評【中古】2014.7-2014.12●陣野英則[早稲田大学教授] »

2015年5月 8日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●小説とラノベを分けるのはナンセンス!? 人気の「キャラ文芸」とは何か?【識者解説】(ダ・ヴィンチNEWS)【大橋崇行氏インタビュー記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【「ライト文芸」「キャラ文芸」と呼ばれるエンタメ小説のレーベルが次々と創刊されている。これは「ライトノベル」や一般文芸のエンタメ小説といったいどこが違うのか? そんな基本的なことから、このジャンルが注目されている理由、今後の展開についてまで、『ライトノベルから見た少女/少年小説史』の著者で辰巳出版が2月に創刊したライト文芸レーベル「T-LINEノベルズ」の監修も務める大橋崇行さんに聞いた。】
つづきはこちらから。ダ・ヴィンチNEWS。
http://ddnavi.com/news/237456/


●グーグル提供広告