« 和紙文化研究会・月例会(16日)【特別講義「百万塔陀羅尼の料紙」宍倉佐敏氏】ほか(2015年5月16 日(土)、小津和紙本社ビル 6階会議室、要申し込み[5月14日(木)まで]) | メイン | 板橋区立美術館 館蔵品展「近代日本の社会と絵画 戦争の表象」(2015年4月11日(土)〜6月7日(日)) »

2015年5月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●もりおか歴史文化館 春の企画展「旅の枝折 ~みちのく観光のみちしるべ~」(平成27年4月25日(土)~6月15日(月))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.morireki.jp/exhibition/detail.php?data_id=527
--------------------

春の企画展「旅の枝折 ~みちのく観光のみちしるべ~」

 「観光」とは「光を観る」こと、つまりその土地の光輝く部分、その土地の人々が誇りとする部分を観ることといえます。現在、盛岡には多くの観光名所があります。しかしこれまでの歴史の中で生きてきた人々は、はたして現代の我々と同じ「光」を観ていたのでしょうか。
 江戸時代は、人々の中で「旅」が身近になった時代といわれています。盛岡藩領(いわゆる南部地方)も多くの人々が旅をしました。彼らの足跡を示す江戸~明治時代の資料を中心に、当時の旅事情を紐解くとともに、盛岡藩領の観光名所を様々な資料から紹介しながら、改めてこの地域の魅力を探ります。現代とは異なる価値観を持つ彼らの感性や知識に触れることは、現代を旅する我々にも大きな刺激となるでしょう。
 古来、人々は道に迷わぬよう木の枝を折って道しるべ=枝折としました。盛岡に初めて足を踏み入れた人の「旅の枝折」となるとともに、盛岡に住む人々にとっても、新たな盛岡の魅力を訪ねる「旅の枝折」となれば幸いです。

<会 期>平成27年4月25日(土)~6月15日(月)
<会 場>2階企画展示室
<開館時間>9:00~19:00(※入場受付は18:30まで)
<観覧料>一般300円、高校生200円、小・中学生100円
 ※団体(20人以上)は各2割引
・盛岡市内在住で65歳以上の方、小・中学生のうち盛岡市在住・就学の方は無料
・障がいをお持ちの方やその介護をなさる方(障がい者1人につき1人まで)は無料

◆ギャラリートーク
日 時:5月3日(日)、6月14日(日) 13:30~14:00
会 場:本展会場(2階企画展示室)
内 容:学芸員による展示説明会
参加費:展示室入場料が必要

<関連イベント>
「手作り草履で盛岡城散策」
◆日 時:5月4日(月・祝)  
【草履づくり】9:30~12:30 /休憩/【公園内散策】14:00~15:00
◆内 容:わら草履を作り、実際に履いて盛岡城跡公園を、学芸員の解説付きで散策します。
◆集合場所:1階 町なか情報センター
◆定 員:15人
◆参加費:1,000円(材料・保険代)
◆予 約:要予約(※4月18日(土) 10:30から受付開始)

<関連講座>
◆講座「史料から読み解く江戸時代の旅」
日 時:5月31日(日) 13:30~15:00
会 場:1階研修室
参加費:無料
講 師:熊谷博史(当館学芸員)
定 員:50人
◆予 約:要予約(※往復はがきに①住所 ②氏名 ③年齢 ④性別 ⑤電話番号 ⑥講座名を記入し、5月1日(金)必着で当館に郵送してください)


●グーグル提供広告