« 回向院・「2日間だけの鳥居清長展」(6/6~6/7)開催のお知らせ | メイン | 東京大学人文社会系研究科・文学部講演会、辻 惟雄氏「画家 岩佐又兵衛」(2015年5月28日(木)、東京大学法文2号館2階 一番大教室) »

2015年5月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●武蔵野美術大学美術館「絵の始まり 絵の終わり ─ 下絵と本画の物語 ─」(2015年5月25日(月)ー8月16日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/8967
--------------------

【日本画における下絵や素描、草稿から、絵師や作家の創作への衝動と試行錯誤の過程を読み解く企画展。近世の狩野家絵師たちの仕事から、近代、現代の作家まで多様な作品を集め、〈絵〉にいたるまでの様々な生成の〈物語〉について考える。河鍋暁斎、竹内栖鳳、土田麦僊、村上華岳、菊地養之助や本学日本画学科教員の作品を展示。】


会 期|
2015年5月25日(月)ー8月16日(日)
休館日|
日曜日、祝日 ※6月14日(日)、7月20日(月・祝)、8月16日(日)は特別開館
時 間|
10:00ー18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室3、4、アトリウム2
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館


●グーグル提供広告