神戸大学・国立国語研究所・オックスフォード大学 ワークショップ:コーパスに基づく日本語研究(2015年5月22日(金)、神戸大学文学部)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/zunou/
——————–
神戸大学・国立国語研究所・オックスフォード大学
ワークショップ:コーパスに基づく日本語研究
日時:2015年5月22日(金)16:00~18:30
場所:神戸大学文学部A棟1階学生ホール
プログラム
「The Analysis of the Collocation Patterns of Gairaigo Modifiers based on BCCWJ (英語発表)」(ウェブ会議による参加)
 Anna Bordilovskaya
(神戸大学/オックスフォード大学)
「コーパスに基づく外来語の社会言語学的研究」
 久屋愛美
(オックスフォード大学大学院/国立国語研究所)
「コーパスに基づく節連鎖構造の分析」
 丸山岳彦
(国立国語研究所)
コメンテーター:石川慎一郎
(神戸大学国際文化学研究科/国際コミュニケーションセンター)
当日のポスターはこちら。
主催:頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム「国際共同による日本研究の革新―海外の日本研究機関との連携による若手研究者育成」
共催:神戸大学大学院人文学研究科日本文化社会インスティテュート