« ノートルダム清心女子大学 日本語日本文学会 第18回大会(2015年6月20日(土)、ノートルダム中央棟630ND教室) | メイン | 「『笠間索引叢刊』が一部国文学研究資料館で公開に」(岡田一祐:北海道大学大学院文学研究科専門研究員)【人文情報学月報・第45号【前編】より】 »

2015年5月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本アート評価保存協会・6月スペシャルトーク「能面・能装束は語る」【日本芸術文化振興会国立演芸場営業課 主任 門脇幸恵氏】(2015年6月16日(火)聴講料:¥500)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
https://ja2pa.or.jp/2015/05/2332
--------------------

【6月は日本芸術文化振興会国立演芸場営業課主任の門脇幸恵氏が能面や能装束についてお話してくれます。
門脇氏は芸能史・能楽史・文化財政策だけでなく、国内外の能面・能装束の調査研究を行うだけでなく、年間4本の能楽に関する企画展示を担当しております。
今回は能面や能装束制作と伝承に関する歴史の一端を紹介します。
よく調べてみると、とてもよく似た作品が複数見つかるそうです・・・。
「なぜ?」と疑問を持った皆様!ご参加をお待ちしております!!】

「能面・能装束は語る」

日付:6月16日(火)

講師:独立行政法人 日本芸術文化振興会国立演芸場営業課 主任 門脇 幸恵 氏

聴講料:¥500

申込先:日本アート評価保存協会 事務局

メール:info@ja2pa.or.jp   電話:03-3569-1250
(平日 10:00~18:00)

申込み締め切り日:先着順です。席がなくなり次第、締め切りと致します。


●グーグル提供広告