« 名古屋大学・国際教育交流本部国際言語センター日本語・日本文化教育部門准教授又は講師公募(2015年08月31日 必着) | メイン | 平成27年度 第3回研究例会(中国近世語学会研究総会)(平成27年6月6日(土)、関西大学千里山キャンパス) »

2015年5月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●京都文化博物館 徳川家康没後400年記念 大 関ヶ原展(2015年6月2日(火)〜7月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/tokugawa_ieyasu/
--------------------

徳川家康没後400年記念 大 関ヶ原展
2015年6月2日(火) - 2015年7月26日(日)
展示場所:4F・3F

開催趣旨
『大関ヶ原展』は、徳川家康公没後400年を記念し、江戸東京博物館・京都文化博物館・福岡市博物館の全国三会場において空前のスケールで開催される、関ヶ原合戦展の決定版です。
 慶長5年(1600)9月15日、関ヶ原の地で数多の武将達が参戦して戦われた戦国史上最大の戦い「関ヶ原合戦」。この戦いはいかにして起こり、どのような結末を迎えたのか。そして関ヶ原合戦は後の世にどのような影響を及ぼしたのか。本展覧会では、合戦に関わった武将達の武具甲冑や、当時の緊迫した空気を伝える書状の数々、そして絵画資料などから関ヶ原合戦の全体像に迫ります。そして、関ヶ原の地形や天候の変化、各大名の動きなどが刻々と再現されるジオラマ・プロジェクションマッピングで、迫力ある合戦の様相をお伝えします。
 京都会場では、重要文化財の「木造徳川家康坐像」(知恩院蔵)や、同じく重要文化財で京都初公開となる「唐物肩衝茶入 銘 初花 大名物」(德川記念財団蔵)など、関ヶ原合戦に関わる貴重な資料約200点が集まります。


●グーグル提供広告