説話文学会・平成27年度大会(2015年6月27日(土)・28日(日)、二松學舍大学九段キャンパス 1号館地下2階中洲記念講堂)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://setsuwabungaku.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
——————–
6月27日(土) 会場:二松學舍大学九段キャンパス 1号館地下2階中洲記念講堂
委員会  12:00~13:00  会場:1号館11階1103会議室
受付開始  13:00
講演会  13:30~17:20 「仏教説話の流れ」
 
 多田一臣(二松學舍大学)
 『日本霊異記』をどう捉えるか―自土意識(国家意識)の視点から
  
 荒木浩(国際日本文化研究センター) 
 対外観の中の仏教説話と説話集
 伊東玉美(白百合女子大学)
 仏法の語り方―『発心集』から見た仏教文学の流れ
総 会  17:30~
懇親会  18:10~     会場:1号館13階ラウンジ(会費4,000円)
6月28日(日) 会場:二松學舍大学九段キャンパス 1号館地下2階中洲記念講堂
受付開始  8:30
研究発表  9:00~12:15(午前の部)
 劉瀟雅(二松學舍大学大学院博士後期課程)
 「隠者」という語について
 李曼寧(大谷大学真宗総合研究所嘱託研究員)
 『発心集』神宮本独自説話について―山王関係説話を中心に―
 本塚亘(法政大学大学院博士後期課程)
 催馬楽「同音」関連話の諸相―『枕草子』『古今著聞集』『教訓抄』など―
 杉山和也(青山学院大学大学院博士後期課程)
 国文学研究史の再検討 ―『今昔物語集』〈再発見〉の問題を中心に―
 佐野愛子(明治大学大学院博士後期課程・日本学術振興会特別研究員)
 ベトナム李朝における帝位継承と仏教―徐道行の転生譚を中心に―
研究発表  13:35~16:50(午後の部)
 旅田孟(大阪府立大学大学院博士後期課程)
 後鳥羽院と神護寺所領問題―『古今著聞集』と『平家物語』の文覚説話―
 野上潤一(日本学術振興会特別研究員)
 林羅山『本朝神社考』の典拠と引用標示について―羅山の学問と近世前期学問史の一隅をめぐって―
 南郷晃子(神戸大学国際文化学研究推進センター研究員)
 「わが事」としての近世説話―地方社会における『本朝故事因縁集』
 阿部美香(昭和女子大学〈非〉)
 醍醐寺焔魔王堂再考―成賢による冥府儀礼空間の構築
 田中宗博(大阪府立大学)
 『中外抄』にみる言談の〈場〉の諸相
閉会挨拶・事務連絡  16:50~16:55
説話文学会事務局 
二松學舍大学 磯水絵研究室内
〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16
電話03-3261-1382(内線914) 
メールsetsuwabungaku■gmail.com (■を@にかえてください)