« 永青文庫「春画展」記者会見まとめ(togetter) | メイン | 佛教大学宗教文化ミュージアム 春期特別展「お念仏のかたち」(2015年5月30日(土)~ 6月28日(日)) »

2015年5月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●公開シンポジウム「日本語の歴史的典籍データベースが切り拓く研究の未来」(2015年7月25日(土)、日本学術会議講堂(港区))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/
--------------------

公開シンポジウム「日本語の歴史的典籍データベースが切り拓く研究の未来」

日時 2015年7月25日(土)
会場 日本学術会議講堂(港区)

入場無料・聴講自由

プログラム
司会 谷川惠一
13:30-13:40 開会の挨拶 長島弘明
13:40-14:10 「日本語の歴史的典籍データベースの構想」今西祐一郎
14:10-14:40 「和算資料が示唆する数学の将来」上野健爾
14:40-15:10 「文理にまたがる古医書の研究」ミヒェル・ヴォルフガング
15:10-15:25 休憩
15:25-15:55 「日本古典籍からみた料理文化の展開--料理書から料理本へ」原田信男
15:55-16:25 「東アジア文献アーカイブスの現状と未来」内田慶市
16:25-16:55 討議
16:55-17:00 閉会の挨拶 木部暢子

●問い合わせ
国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター事務室 古典籍共同研究係
TEL 050-5533-2988


●グーグル提供広告