« 『文学』2015年5・6月号(広告掲載) | メイン | 例の教員養成系・人文社会学系の廃止・転換の指示がいよいよ来るようです(日比嘉高研究室) »

2015年5月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●京都大学人文科学研究所・人文研アカデミー レクチャー上映会 記憶の場:昭和の大礼と映画都市京都(2015年6月14日(日)、京都大学時計台記念館国際交流ホールⅢ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演・上映会情報です。

●公式サイトはこちら
http://bit.ly/1SDVsuw

--------------------

【講演概要
本報告では、1927年の大葬から1928年の御大典のメディア・イベント化を牽引した日本映画の一側面に焦点をあてる。具体的には、教育映画の拡大、中央(内地)/周縁(外地)を描いた劇映画の増加、京都を舞台にした歴史的物語の御大典映画をとりあげ、これらの映画が大礼記念京都大博覧会と呼応しながら、記憶の場、国民国家イメージを増幅する装置として機能していた点を考察したい。】


日時:2015年6月14日(日)14:00〜17:00
場所:京都大学時計台記念館国際交流ホールⅢ

〔プログラム〕
第1部 14:00-15:30
講演:冨田美香(立命館大学)
コメンテーター:高木博志(京大人文研)

第2部 15:30-17:00
無声映画上映会〔DVD上映〕
『崇禅寺馬場』 1929年 監督:マキノ正博
『三朝小唄』 1929年 監督・脚本:人見吉之助
活動弁士:片岡一郎
ピアノ伴奏:柳下美恵
司会:小川佐和子(京大人文研)

無料・申込み不要 来聴歓迎

主催:京都大学人文科学研究所
協力:立命館大学アート・リサーチセンター、株式会社デジタル・ミーム
お問合せ:京都大学人文科学研究所 総務掛
TEL:075-753-6902
http://www/zinbun.kyoto-u.ac.jp
メールアドレス:z-academy@zinbun.kyoto-u.ac.jp


●グーグル提供広告