« 武蔵野美術大学美術館「絵の始まり 絵の終わり ─ 下絵と本画の物語 ─」(2015年5月25日(月)ー8月16日(日)) | メイン | 鶴見大学入試キャリアセンター主催特別講演会、中川博夫氏・久保木秀夫氏『新古今和歌集の新しい歌が見つかった!~800年以上埋もれていた幻の一首の謎を探る~』(平成27年6月6日(土)、鶴見大学記念館、教員・図書館職員の方のみ参加可能、要申し込み=6月3日(水)まで) »

2015年5月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京大学人文社会系研究科・文学部講演会、辻 惟雄氏「画家 岩佐又兵衛」(2015年5月28日(木)、東京大学法文2号館2階 一番大教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/event/3751.html?phpMyAdmin=oNfe8iIKovE07NDvuySfVA3WzB2
--------------------

講師:東京大学名誉教授 辻 惟雄氏

日時:2015年5月28日(木) 17時~18時30分

会場:東京大学法文2号館2階 一番大教室

来聴歓迎(無料)

講演要旨:
織田信長の家臣、荒木村重の子。
母親を虐殺され、数奇な生涯をお送り、浮世絵の先祖と後世、見なされた岩佐又兵衛(一五七八~一六五〇)の生涯と作品をさぐる。


●グーグル提供広告