広重美術館 5月展 江戸ごよみ(2015年4月29日(水)~5月25日(月))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.hiroshige-tendo.jp/00new/index.html
——————–
5月展
江戸ごよみ
2015年4月29日(水)~ 5月25日(月)
 日本は、四季のある美しい国です。江戸に生きた人々は、この季節の移ろいを大切に、畏敬や感謝の念から生まれた年中行事を行いながら、自然とともにある生活を送ってきました。人口が百万人ともいわれる世界有数の都市だった江戸は、都市計画をもとにゼロからつくりあげられた人工の町です。何十年もかけてまちづくりは進められ、独自の文化が華開き、260年もの泰平の世を送ることができました。名所絵を数多く手がけた広重の浮世絵には、こうした江戸のまちや人々の暮らしが細やかに描かれています。
 この度の企画展「江戸ごよみ」では、浮世絵版画を季節にわけ、江戸の町並みとともに人々の暮らしに根づいてきた歳時をたどります。初代~五代広重の作品を通して、四季折々の風物や行楽地に出かける画中の人々と一緒に、江戸の散歩をお楽しみください。