« 都留文科大学 国語国文学会 春季講演会 「〈かな〉と〈カナ〉のものがたり:日本語史学工房への招待」 講師:山田健三氏(信州大学学術研究院(人文科学系)教授) (2015年(平成27)年6月3日(水)) | メイン | アニメの聖地 全4500カ所を完全網羅 「聖地白書」無料DLスタート(ダ・ヴィンチNEWS) »

2015年5月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●石川県立美術館「加賀前田家 百万石の名宝-尊經閣文庫の名品を中心に-」(2015年4月24日(金)~6月7日(日) 会期中無休)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/event/7event.html

--------------------

【加賀藩前田家の歴代藩主は、すぐれた武人であるとともに、文化にも深い関心をよせていました。 ことに三代藩主である利常から五代藩主綱紀にいたる江戸時代の前期に「加賀文化」は確立されました。
 利常は、大藩で外様大名である前田家の存在意義を文化政策にもとめます。それは徳川家からの警戒を和らげ、さらに前田家の独自性を打ち出すものでした。当時の後水尾天皇を範とし、京都の洗練された文化をまなび、吸収しながら「加賀文化」の礎をきずいたのです。利常は茶の湯の精神を根幹とした美術工芸品や内外の文物を、綱紀は学者大名と称されるように文書・典籍類を中心に収集しました。そして、その後につづく藩主たちも文物の収集や美術工芸の発展に力をそそぎました。
 このたび北陸新幹線金沢開業を記念し、公益財団法人前田育徳会のご協力により、国宝15件、重要文化財35件を含む、たいへん貴重な作品120件を公開する展覧会の実現にいたりました。
展示構成は、第1章「武家の象徴 ―武具・刀剣・甲冑―」と第2章「加賀文化の確立」で、第2章では、(1)加賀藩の美術工芸・(2)尊經閣文庫の名品・(3)百工比照の全貌という内容で紹介します。この特別な機会に、真の加賀文化をご堪能ください。
 なお、文化財保存の観点から、会期中に展示替えを行います。】

開館時間

  午前9時30分-午後6時  (入場は閉場時間の30分前まで)
  ※5月2日~6日は早朝開館で午前8時30分より開館します

休 館 日

  なし、会期中無休

※全体の展示リストはこちらをクリック→→


●グーグル提供広告