« なぜ"生まれ故郷"の日本で「春画展」が開けないのか...欧米では相次ぎ開催、西洋美術への影響が研究されているのに(産経ニュース)【正式発表はまだだが、いよいよ今秋、都内の美術館が春画展を開くという話が出ている。どんな展示になるのか、注目を集めそうだ。】 | メイン | 北斎館 新館落成記念・北斎とその弟子たち―北斎絵画創作の秘密―(平成27年4月4日(土)~6月30日(火)) »

2015年5月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東洋大学 講演「江戸初期の日英貿易と文化交流」-2015年度文学部グローバル化推進事業 第1回講演会 講演者:タイモン・スクリーチ氏(2015年6月25日(木))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら。【聴講歓迎】とのこと。
http://www.toyo.ac.jp/site/djlc/72966.html
--------------------

江戸初期の日英貿易と文化交流

二〇一五年度文学部グローバル化推進事業 第1回講演会
講演者:タイモン・スクリーチ氏 ロンドン大学Soas(アジア・アフリカ研究学院)教授

ヨーロッパの日本学の最大拠点であるSoasの研究者。本年は早稲田大学客員研究員。主要著書に『大江戸異人往来』(丸善ブックス、一九九五年、ちくま学芸文庫)、『春画 片手で読む江戸の絵』(講談社選書メチエ、一九九八年、講談社学術文庫)、『江戸の英吉利熱 ロンドン橋とロンドン時計』(講談社選書メチエ、二〇〇六年)などがある。

講演では、江戸時代初期の日英貿易の状況と、現在では忘却の彼方に眠っている美術を含めた文化交流について、お話ししていただきます。

六月二五日(木) 一八時一五分~一九時四五分

五号館 五三一〇教室

主催:文学部グローバル化推進委員会(日本文学文化学科共催)

ポスターはタイモン・スクリーチ氏講演会 [PDFファイル/177KB]をクリックしてください。


●グーグル提供広告