« 大和文華館「水にまつわる美術」(2015年5月15日(金)~6月28日(日)) | メイン | 第158回変異理論研究会(2015年5月23日(土)、西宮市段上公民館) »

2015年5月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第14回 対照言語行動学研究会(2015年7月18日(土)、青山学院大学 総研ビル(第14号館))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報はこちらからいただきました
http://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php
--------------------

第14回 対照言語行動学研究会

日時 2015年 07月 18日 (土)  13:30〜17:00 [13:00開場・受付開始](懇親会 17:30〜19:00)
場所 青山学院大学 総研ビル(第14号館) 8階 第10会議室 http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

内容
1.講演:定延利之講師 [言語学・コミュニケーション論](神戸大学)
「非流ちょう性の文法」
[要旨] 母語話者の日常的な話し言葉に見られる非流ちょう性を3タイプ(夾雑物挿入タイプ・細切れタイプ・つっかえタイプ)に分類し、それらのタイプのいずれにも「文法」と呼べるような、教育/習得可能な規則性があることを、我々にとって身近な現代日本語を例に示したいと思います。(約50分)

2.講演:天野みどり講師[日本語学・現代日本語文法論](大妻女子大学)
「発話の予測と構文」
[要旨] 省略や逸脱のある言語形式からどのようにして意味理解がなされるのか。逸脱的な「それが文」をとりあげ、「それが」の後の発話がどのように予測されるかを、母語話者・外国人日本語学習者の調査から明らかにし、意味理解に果たす「構文」の役割を考える。(約50分)

3.全体討議(約70分)

備考
[参加費(資料代を含む)] 1,000円(学生500円)
[懇親会費] 4,000円(学生3,000円)
[参加申し込み](定員50名 申し込み順)

連絡先 ご氏名、所属(学生の場合は学年を明記)、専門領域、連絡先(メール)、本情報の入手先、懇親会へのご出欠の6点について、名塩征史・野原佳代子[naspen25@gmail.com;knohara@ryu.titech.ac.jp]宛てメールでお知らせください。
ホームページ https://sites.google.com/site/taishogengokoudou/


●グーグル提供広告