大学教員「任期付き」4割 主要11大学、6年で4000人増(日本経済新聞)

【国内の主要な11大学で、有期雇用に当たる任期付き教員が2013年度までの6年間で4千人以上増えたことが、文部科学省の調査で分かった。特に若手研究者で増えており、特定の研究プロジェクトに対する外部資金を財源にした雇用の増加が背景にある。同省の担当者は「若手のポストが不安定になっている」と分析し、懸念を示している。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14HBI_T00C15A5CR8000/