日本伝統音楽研究センター・伝音アーカイブズに「南都楽家の舞譜『掌中要録』を舞う その1 ─平安・鎌倉時代の舞楽はこんな舞!? ─」を掲載

【このページでは、以下の講座の概要を動画つきで掲載しています。今回の講座では、平安末期・鎌倉期の舞譜・楽譜・楽書から、当時の舞楽《万歳楽》を再現してみました。
紅葉山文庫本『掌中要録』(内閣文庫蔵)より楽拍子様《万歳楽》第一帖舞譜の前半部分
講演A 2015年2月28日 
でんおん連続講座E「平安末期・鎌倉期の舞楽─音楽と舞の様式をさぐる─」
京都市立芸術大学大学会館ホール。
講演B 2015年3月7日 
五感を使って源氏物語を楽しむ講座第1弾「平安・鎌倉時代の舞楽はこんな舞!?─舞譜『掌中要録』と楽書『教訓抄』『続教訓抄』の解読に挑む─」、宇治市源氏物語ミュージアム講座室。】
つづきはこちらから。日本伝統音楽研究センター・伝音アーカイブズ。
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/archives/takuwa_gakudan/20150203manzairaku.html