« 大阪工業大学 教員公募 情報科学部 情報システム学科 日本文学または日本語学分野の公募(2015年06月08日 必着 郵送にて必着) | メイン | いちょう祭で近松浄瑠璃本の展示(忘却散人ブログ)【大阪大学総合図書館A棟6階図書館。2015年5月1日・2日の2日間のみ。10:00~16:00】 »

2015年4月30日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●調布市武者小路実篤記念館がオリジナル・ミュージアムグッズ「実篤手ぬぐい」を発売(4月25日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

15.4tenugui-web.jpg

15.4t-packag-web.jpg

○販売価格
手ぬぐい(綿100%。37cm×90cm)
1枚1,000円(税別)
ハンカチ(綿100%。37cm×43cm)
1枚600円(税別)

○販売場所
武者小路実篤記念館ミュージアムショップ
うつわ和季(調布市布田1丁目43−3 オリエントマンション 1F)

【調布市武者小路実篤記念館では、特別展「一人の男 武者小路実篤の生涯」開催に合わせて、4月25日(土曜日)からオリジナル・ミュージアムグッズ「実篤手ぬぐい」の発売を開始しました。
手ぬぐいには、記念館が所蔵する実篤の書画から、カボチャや柿、だるま、ニワトリ、バラと「美」の文字などのモチーフをとってちりばめました。
実篤は描くものをじっくり見つめて描いたといい、ゆっくりとした筆運びから生まれる線はあたたかく、モチーフと相まって、おおらかで、どこか可愛さも感じる手ぬぐいに仕上がりました。
色はエンジと紺の二種類で、長さ90センチの手ぬぐいと、長さ43センチで端を縫製したハンカチサイズをご用意しました。染めは、日本の手拭制作の伝統的な技法である注染です。
商品開発には、地元とのコラボにこだわり、調布市内の力を結集しました。制作は、調布の代表的な観光地や物産品をイラスト化し手染めした「調布手拭い」を制作・販売している、「和技香 和季(わざっか かずき)」(布田1丁目)が手がけました。ハンカチサイズの縫製は、地域の主婦が集まり縫い物や家事の代行サービスを行う「てづくり倶楽部「おたすけママ」」(西つつじケ丘3丁目)。
パッケージの帯のデザイン・印刷は「調布市制施行60周年ロゴ」に選ばれたデザイン会社「パンデコングラフィックス」(布田1丁目)の原子尚之さんです。】

調布市のプレスリリース
http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1430200460399/index.html

○問い合わせ
武者小路実篤記念館
電話 03-3326-0648
ホームページ:http://www.mushakoji.org
Eメール kinenkan@mushakoji,org


●グーグル提供広告