« 第157回変異理論研究会(2015年4月25日(土)、大阪大学豊中キャンパス) | メイン | 『考察!少女アニメ -ジェンダー視点から見る少女アニメの制作/研究』(2015年5月9日(土)、奈良女子大学生活環境学部) »

2015年4月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館) 平成27年度 企画巡回展「尾道・浄土寺の寺宝展 -瀬戸内の精華-」(平成27年4月24日(金)~6月7日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.manabi.pref.hiroshima.lg.jp/rekishih/27_spring_top.html
--------------------

平成27年度 企画巡回展
尾道・浄土寺の寺宝展
-瀬戸内の精華-

会期 平成27年4月24日(金)~6月7日(日)

 尾道市東久保町にある真言(しんごん)宗泉涌寺(せんにゅうじ)派大本山浄土寺は,国宝の本堂や多宝塔,重要文化財の阿弥陀(あみだ)堂などを始めとする数多くの文化財が受け継がれてきた,西日本を代表する古刹(こさつ)のひとつです。
 616年の聖徳太子開創と伝わる浄土寺は,鎌倉時代に西大寺(さいだいじ)流律宗(りっしゅう)の僧定証(じょうしょう)によって再興されて以来,尾道だけでなく,後醍醐天皇や足利尊氏などの歴史上の人物を始めとする,多くの人々の信仰を集めてきました。
 今回の展覧会は,浄土寺に伝わる寺宝の数々を展示し,瀬戸内に繰り広げられた人々の生活と文化を紹介します。

 ※会期中,前期(5/17まで)と後期(5/19から)で,展示資料の一部を入れ替えます。

チラシ(pdf)はこちらをクリックしてください(約1.2MB)。

入館料
区分 入館料
一般 800円(640円)
大学生・高校生 600円(480円)
小・中学生 400円(320円)
※( )は特別前売入館券及び20名以上の団体料金,浄土寺の拝観券またはおのみち歴史博物館の入館券の半券を提示された方


●グーグル提供広告