日本近世文学会平成27年度春季大会(平成27年05月30日(土)・31日(日)・6月1日(月)、東京芸術大学音楽学部(5号館1階5-109教室))

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kinseibungakukai.com/doc/taikai128.html

——————–
第1日 5月30日(土)/5号館1階5-109教室
研究発表会(14:00~16:45)
1日持上人の異域布教説と加藤清正について―『鷹峰群譚』の検討を端緒として―
立正大学(非) 小此木 敏明
2本国寺版をめぐる諸問題―『録内御書』を中心として―
日蓮正宗教学研鑽所 堀部 正円
3本阿弥一族と灰屋紹益―吉野太夫の逸話における「父」と「一門」をめぐって―
北海道大学(院) 工藤 隆彰
4天理図書館蔵『源氏物語打聞』の再検討―北村季吟とその後裔の古典学をめぐって―
大阪大学(院) 宮川 真弥
5賀茂季鷹の人脈と名声―季鷹宛書簡を踏まえて―
同志社大学 神谷 勝広
第2日 5月31日(日)/5号館1階5-109教室
研究発表会 午前の部:(10:00~12:15)
6『太平記演義』の二面性―冠山の不遇意識を軸に―
上智大学(院) 丸井 貴史
7大枝流芳の位置―香道を中心に―
総合研究大学院大学(院) 武居 雅子
8西村遠里と蕃山学―『居行子』『雨中問答』を中心に―
九州大学(院) 吉田 宰
9藤森弘庵『春雨楼詩鈔』と幕末の出版検閲
東京大学大学院学術研究員 佐藤 温
研究発表会 午後の部:(13:30~16:15)
10「祇園祭礼信仰記」考―人形浄瑠璃における秀吉像をめぐって―
日本学術振興会特別研究員(PD) 原田 真澄
11芍薬亭長根の読本における「勧戒」―『坂東奇聞 濡衣雙紙』を中心に―
川村学園女子大学 山名 順子
12『報仇高尾外伝』における為永春水の創作態度
早稲田大学(院) 長田 和也
13『とはしぐさ』考
国文学研究資料館博士研究員 紅林 健志
14幕末福井歌壇における橘曙覧の位置
広島大学 久保田啓一
第3日 6月1日(月)
文学実地踏査