« MOA美術館【GW特別イベント】「光琳屋敷」特別公開(2015年5月2日(土)~5月6日(水)) | メイン | 松本和也『昭和一〇年代の文学場を考える 新人・太宰治・戦争文学』(立教大学出版会) »

2015年4月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●寺山修司記念館フェスティバル2015 春(2015年5月3日(日・祝)〜5日(火・祝))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

イベント情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.terayamaworld.com/museumnews/
--------------------

寺山修司記念館フェスティバル2015

5月4日(月・祝) 13時から
「修司忌/献花」
寺山修司作詞の「戦争は知らない」の曲とともに、一般の方も参加できます。寺山修司と九條今日子にどうか花を手向けてください。

5月4日(月・祝)13時10分から
寺山修司へのオマージュ「誰か故郷を想はざる」
朗読=佐々木英明(寺山修司記念館館長・詩人) 青森大学演劇団「健康」+文芸部「幸畑文学」
舞踏=福士正一(舞踏家・オドラデク道路劇場)
会場=寺山修司顕彰文学碑(荒天時は館内実施)
寺山修司の自伝的小説「誰か故郷を想はざる」から「月光」の章などを朗読。天井棧敷の歌姫・蘭妖子のCD「惜春鳥」から、「短歌『田園に死す』」を青森大学の若い歌声がしっとりと聴かせます。

5月4日(月・祝)14時から
三上博史ライブ「世界の涯てまで 連れてって」
構成・演出=森崎偏陸
出演=三上博史(俳優) エミ・エレオノーラ(ミュージシャン)
会場=屋外多目的スペース(荒天時は館内実施)
「五月の詩 序詞」から「カム・ダウン・モーゼ」まで、天井棧敷の劇中歌やおなじみ「あしたのジョー」、「闘牛士」「バルセロナで死ぬなら」など三上博史さんの持ち歌、ひょっとしたら寺山修司ゆかりの思わぬ歌手の歌も飛び出すかも。とにかく、歌中心のライブです。

5月3日(日・祝)、4日(月・祝)、5日(火・祝)11時から15時まで
「寺山修司遊びの劇場 ムシムシコロコロパークJr.」
木工造形製作・劇場設計=simizzy(シミージー)
会場=屋外多目的スペース(荒天時は館内実施)
ムシムシコロコロ、モクウェイ、玉ころがし、ピクニック・バスケット・ランチなどなど、寺山修司にインスバイヤーされた遊びの天才シミージーがこどもたちのために作りだした木工遊具の世界! こどもたちがシミージーを取り囲む。

入館料 一般個人530円(常設展310円+企画展220円) 一般団体430円(20名以上) 高大生100円 小中学生50円(土曜日は無料)屋外イベントのみの参加は無料。荒天時館内実施の場合は入館料が必要になります。ご了承ください。

お問合せ
三沢市寺山修司記念館 http//www.terayamaworld.com/kinen/ tel0176-59-3434


●グーグル提供広告