« 日本宋代文学学会第二回大会(2015年5月30日(土)、東洋大学白山キャンパス2号館16階「スカイホール」 ) | メイン | 早稲田大学演劇博物館デジタル・アーカイブ・コレクションにて、3Dデータベースが試験公開に »

2015年4月29日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●静岡市東海道広重美術館・広重となぞなぞ浮世絵-名所絵で見る判じ絵の世界-(2015年6月2日(火)- 8月9日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://tokaido-hiroshige.jp/schedule/2015/hiroshige_and_puzzle_prints.html

--------------------

徳川家康公顕彰四百年記念事業
広重となぞなぞ浮世絵
-名所絵で見る判じ絵の世界-
会期:2015年6月2日(火)- 8月9日(日)
Part 1:6月2日(火)- 7月5日(日)
Part 2:7月7日(火)- 8月9日(日)

【天下泰平の礎を築いた徳川家康の没後400年を記念し、江戸時代に流行した庶民の娯楽「判じ絵」をご紹介いたします。
目で見るなぞなぞ「判じ絵」。答えとは直接無関係の絵や文字から隠された意味を導き出す、遊び心が詰まった浮世絵です。本展覧会では、名所や食べ物、道具といった様々なテーマを扱った判じ絵を展示いたします。名所を題材とした判じ絵では、その場所を描いた広重の名所絵を答えとしてご紹介し、判じ絵と名所絵を同時にお楽しみいただける当館ならではの展示といたしました。判じ絵が示した場所を広重の作品ではどのような風景だったのかお確かめください。
江戸の人々の遊びとして花咲いた判じ絵に皆さんも挑戦してみませんか。】


●グーグル提供広告