近代文学館「少年少女雑誌にみる近代/川端康成と「文藝時代の人びと」(2015年4月4日(土)〜6月13日(土))

展示情報をいただきました。
●公式サイトはこちら
http://www.bungakukan.or.jp/cat-exhibition/cat-exh_current/5906/

——————–
少年少女雑誌にみる近代/川端康成と「文藝時代の人びと」
4月4日(土)~6月13日(土)
 日本では、明治以来、多くの文学者や画家、編集者により、多様な少年少女雑誌が生み出されてきました。これらの雑誌は、時代の特性や、社会の求めた「子ども像」を如実に顕す一方で、そこに収まることのない、独自の豊かな文化も同時に創りだしました。本展では、当館所蔵の少年少女雑誌の中から70誌を選び、その100年にわたる軌跡を、作家の肖像写真、肉筆資料、挿絵の原画などの関連資料とともに展観します。日本の近代社会を色濃く反映した媒体としての歩みを辿るとともに、刊行当時の生き生きとした姿を通して、少年少女雑誌が創造した多様な世界をご紹介します。
開館時間 午前9:30~午後4:30(入館は4:00まで)
観 覧 料 一般200円 (20名以上の団体は一人100円)
休 館 日 日・月曜日、第4木曜日(4月23日、5月28日)
編  集 安藤宏・池内輝雄・久米依子・浜田雄介