« 太田記念美術館 特別展「広重と清親--清親没後100年記念」(2015年4月1日(水)〜5月28日(木)) | メイン | 太田記念美術館 特別展示『百日紅~Miss HOKUSAI~』公開記念 葛飾応為の代表作「吉原格子先之図」(2015年5月1日(金)~28日(木)) »

2015年4月 1日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大和文華館 特別企画展「風俗画と物語絵」(2015年4月3日(金)~5月10日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/exhibition/fuzokuga.html
--------------------

特別企画展 風俗画と物語絵

2015年4月3日(金)~5月10日(日)
月曜日休館(ただし、5月4日〈祝日〉は開館し、7日〈木〉が休館)
入館料 一般620円 高校・大学生410円 小学・中学生 無料

人物の姿は東洋絵画の重要な画題であり、日本においても常に描かれてきました。特に、桃山時代には、戦乱が収まるとともに、都市風俗図が盛んに描かれるようになります。絵師たちは現実の光景に目を向け、祭礼や演劇、遊里に興じる人々の姿を描きました。華やかな光景を体験したいという人々の願いに応じるように、作品には描かれた光景の雰囲気、情緒、熱狂が伝えられています。絵師たちは様々な絵画表現を駆使して需要に応え、時代の世相を写しながらも、時には、現実以上の生動感を作品に与え、人物の姿勢や仕草、表情には、気持ちの動きや人柄まで表現しようとしています。
新しい画題は新しい絵画表現を切り開きます。現実感、臨場感に溢れる都市風俗図の成熟は、対照的に、穏やかな農村を描く田園風俗図の成立を促したでしょう。王朝文学の叙情的な理想化された光景を描く物語絵も、やまと絵の伝統を継承する土佐派だけではなく、狩野派、伊達派、岩佐派の絵師たちが描き、生き生きとした新たな絵画表現が見られるようになります。この展観では、主に桃山時代、江戸時代の絵画から、国宝「婦女遊楽図屏風」をはじめとする風俗画と物語絵を中心に展示します。また、所蔵品の他に、多様な岩佐派の源氏物語図屏風を拝借して特集展示します。

◎会期中のイベント

特別講演 4月26日(日)
14:00から講堂にて 「近世の風俗画」 大阪大学教授 奥平俊六氏
講座 美術の窓 4月12日(日)
14:00から講堂にて 「土佐浄瑠璃に関する風俗画―初期浮世絵版画を中心にー」 当館館長 浅野秀剛
日曜美術講座 5月10日(日)
14:00から講堂にて 「岩佐派の源氏絵」 当館学芸部長 中部義隆
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて (当館学芸部による)

※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。


●グーグル提供広告