2014年度日本語学会論文賞に、岡田一祐氏「明治検定期読本における平仮名字体」、富岡宏太氏「中古和文における体言下接の終助詞カナ・ヤ」

2014年度日本語学会論文賞に、
岡田一祐氏「明治検定期読本における平仮名字体」(『日本語の研究』第10巻4号,2014年10月)
富岡宏太氏「中古和文における体言下接の終助詞カナ・ヤ」(『日本語の研究』第10巻4号,2014年10月)
が決定したと、日本語学会サイトに発表がありました。
http://www.jpling.gr.jp/notice/ronbunsyo2014/
授賞理由は以下に掲載。
http://www.jpling.gr.jp/kaiin/gakkaisyo/ronbunsyo/#ronbunsyo2014
授賞式は,2015年5月24日(日)に開催される春季大会(関西学院大学)の大会式典で行われるとのことです。