大学教員の研究時間減少続く 13年、勤務全体の35% 文科省調べ、授業など負担増(日本経済新聞)

【大学教員が研究に充てる時間が減り続けていることが7日、文部科学省の科学技術・学術政策研究所の調査で分かった。2013年の勤務時間に占める研究活動の割合は35.0%で、08年の前回調査から1.5ポイント低下し、02年の初回調査に比べると10ポイント以上減った。学生の教育に充てる時間の増加が背景で、同省は「研究時間を確保できるよう、各大学に工夫してほしい」としている。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H80_X00C15A4CR8000/