« 大阪大谷大学 博物館 平成27年度春季特別展「貞明皇后と女官の装い -大正・昭和の宮廷服-」(2015年4月3日(金)~5月30日(土)・入館無料) | メイン | 図書館協会選定図書(第2944回、15005879)・辰巳正明『王梵志[おうぼんし]詩集注釈 敦煌出土の仏教詩を読む』 »

2015年4月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田区立日比谷図書文化館 特別研究室企画展示「100年後も手に取れる本に ~内田嘉吉文庫修復報告~」(2015年4月14日(火)〜6月14日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2405
--------------------

特別研究室企画展示「100年後も手に取れる本に ~内田嘉吉文庫修復報告~」

内容 2014年度、日比谷図書文化館特別研究室では内田嘉吉文庫を中心に29冊の蔵書の修復を行いました。その内容は、単に破損した箇所を直すことにとどまらず、より長い期間持たせるための装備や用紙の変更、クリーニング、保護など多岐にわたります。
本企画では、修復を終えたばかりの本と修復前の状態・補修作業の記録をあわせて展示し、千代田区の貴重なコレクションを長く活用し続けるために製本家が創意工夫を凝らした修復の成果を紹介します。
※期間中、展示替えの予定があります。
日にち 2015年04月14日(火) 10:00 から2015年06月14日(日) 16:00
場所 4階 特別研究室
関連ファイル 特別研究室企画展示チラシ(PDF)
参加費用 無料
主催 千代田区立日比谷図書文化館
協力 東京製本倶楽部
関連リンク 千代田区立日比谷図書文化館 特別研究室


●グーグル提供広告