« サントリー美術館 展覧会「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」(2015年3月18日(水)~5月10日(日)) | メイン | 電子ジャーナル『海外平安文学研究 第2号』を公開(鷺水亭より) »

2015年3月12日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●R・キャンベル氏 日本人が外国人に褒められたがる理由分析(SNN(Social News Network))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【最近、外国人の視点から日本と日本人を礼讃する本が目立つ。『日本人のここがカッコイイ!』、『ドイツ大使も納得した、日本が世界で愛される理由』、『イギリスから見れば日本は桃源郷に一番近い国』、『中国が愛する国、ニッポン』、『日本人になりたいヨーロッパ人』、『外国人だけが知っている美しい日本』......。

 ここ1年間に出版されたものだけでも類書は軽く20冊を数える。その現象が意味するものは何なのか? 日本文学研究者で米国出身のロバート・キャンベル氏が語る。】
つづきはこちらから。SNN(Social News Network)。
http://snn.getnews.jp/archives/592541


●グーグル提供広告