永青文庫「細川家起請文の世界」(平成27年3月21日(土)~6月28日(日))

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.eiseibunko.com

——————–
「細川家起請文の世界」
会期:平成27年3/21(土)~6/28(日)
【起請文とは、自らの主張や約束が神仏にかけて偽りないことを誓う文書で、中世初期に成立し、江戸時代を通じて作られました。永青文庫には、家臣が当主や上役に提出した熊本藩細川家の起請文が約270通あります。その4割は、2代細川忠興(三斎、1563~1645)の隠居から死去の間に作成されたもの。三斎の隠居領(熊本・八代)と熊本の本藩は深刻に対立したため、家臣たちが3代細川忠利(1586~1641)、4代光尚(1619~49)に忠誠を誓う起請文を多く提出したからでした。
本展覧会では、家老から中老、奉行、毒見役、茶人、庄屋、御用商人まで、様々な起請文に着目し、御家騒動を乗りこえて熊本藩政の基盤が築かれる過程を提示します。】
●主な展示作品
小笠原民部少輔長貞起請文 寛永2年(1625)12月5日付
長岡佐渡守等七名連署起請文 寛永15年(1638)5月10日付
長岡佐渡守等六名連署起請文 寛永18年(1641)7月18日付
小原無楽等十名連署起請文 寛永18年(1641)9月27日付