平成27年度仏教文学会・4月例会(平成27年4月18日(土)、四天王寺大学 藤井寺駅前キャンパス 504教室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://bukkyoubun.jp

——————–
◇期日 平成27年4月18日(土)午後2時~5時
◇会場 四天王寺大学 藤井寺駅前キャンパス 504教室
会場へのアクセス http://www.shitennoji.ac.jp/scc/campus/index.html
〈交通〉近鉄南大阪線 藤井寺駅南出口より徒歩3分
※新大阪駅からなら約45分で到着します。
 大阪市営御堂筋線から天王寺駅で近鉄南大阪線に乗り継いで下さい。
開会の辞                           
和歌山大学 大橋直義氏
要旨(Pdfファイル)  
http://bukkyoubun.jp/2015_4案内_要旨.pdf
研究発表
『徒然草』第十一段再考 ―柑子の囲いは盗人避けに非ず― 
大阪府立大学(院) 池上保之氏
いくさ語りと禅僧 ―軍記物語と〈仏法〉との関係性に及ぶ― 
四天王寺大学 源健一郎氏
東照宮祭礼の創始と天台系法会の再編
―徳川頼宣による東照社小祥祭と和歌祭を中心として―   
和歌山大学 吉村旭輝氏
閉会の辞                           
近畿大学 藤巻和宏氏
懇親会(午後5時30分~7時30分)
 藤井寺駅前の店を予定しております。お気軽にご参加下さい。
 会費は5,000円の予定です(当日いただきます)。