政府、助成論文・データを原則公開 研究活性化を期待(日本経済新聞)

【政府は公的研究費による研究成果の論文やその研究データを論文掲載後に原則公開とする方針を固めた。論文や研究データを公開し他の研究者や企業などが見られるようにすることで研究を活発にする「オープンサイエンス」の国際的な動きに合わせる。データの再利用などで研究を促し、イノベーションの創出につなげる。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。※要会員登録
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG27H5N_S5A300C1TJM000/