« 国際シンポジウム「日仏交流の過去と現在―国立国会図書館・フランス国立図書館の所蔵資料から」の報告資料を掲載しました(国立国会図書館) | メイン | 羽田空港美術館ディスカバリーミュージアム 第17回 企画展「永青文庫コレクション 大名家の旅 参勤交代 いまは飛行機、むかしはお船」(2015年4月4日(土)~7月5日(日)【入場無料】) »

2015年3月 4日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●政府、助成論文・データを原則公開 研究活性化を期待(日本経済新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【政府は公的研究費による研究成果の論文やその研究データを論文掲載後に原則公開とする方針を固めた。論文や研究データを公開し他の研究者や企業などが見られるようにすることで研究を活発にする「オープンサイエンス」の国際的な動きに合わせる。データの再利用などで研究を促し、イノベーションの創出につなげる。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。※要会員登録
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG27H5N_S5A300C1TJM000/


●グーグル提供広告