« 東洋学へのコンピュータ利用・第26回研究セミナー(2015年3月20日(金)、京都大学人文科学研究所本館1Fガラス張りセミナー室) | メイン | 国際シンポジウム「日仏交流の過去と現在―国立国会図書館・フランス国立図書館の所蔵資料から」の報告資料を掲載しました(国立国会図書館) »

2015年3月 4日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●(争論)文系学部で何を教える 冨山和彦さん、日比嘉高さん(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【大学で文系学部は何を教えるべきか。むしろ職業訓練に力を入れたほうがいいのか。人文・社会科学系学部などの「廃止や転換」を促す通達を文部科学省が昨年、全国の国立大学に出して以来、議論が盛り上がっている。いま、大学に求められる役割とは何だろう。】
つづきはこちらから。朝日新聞。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11631210.html

●参考
冨山和彦氏
【話題のテキスト】冨山和彦氏、大学教員の「選民意識」にモノ申す 日本の大学教育は大多数者の役に立たない(東洋経済ONLINE)
http://kasamashoin.jp/2015/01/online_2.html
日比嘉高氏
「大学は役に立つのか」マジレスしてみます 個別分野編(日本文学研究)その1(日比嘉高研究室)
http://kasamashoin.jp/2015/02/post_3162.html
続「大学は役に立つのか」マジレスしてみます 個別分野編(日本文学研究)その2(日比嘉高研究室)
http://kasamashoin.jp/2015/02/post_3174.html


●グーグル提供広告