« 聖徳大学 言語文化研究所講演会「明治の新聞と言葉」講師:野中博史氏・碁石雅利氏(平成27年3月7日(土)【事前申込不要・参加費無料】) | メイン | 河鍋暁斎記念美術館 企画展「江戸・明治 遊楽絵巻-楽しむ人々-展」(2015年3月1日(日)~3月25日(水)) »

2015年3月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●太田記念美術館「江戸ッ娘-Kawaiiの系譜」(2015年3月1日(日)〜3月26日(木))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H2703-kawaii.html
--------------------

江戸ッ娘-Kawaiiの系譜

2015年3月1日(日)〜3月26日(木)
(3月2、9、16、23日は休館となります。)

◆学芸員によるスライドトーク◆
本展の担当学芸員が見どころをご案内します。
3月7日(土)、13日(金)、18日(水)14:00〜(40分程度)
太田記念美術館 視聴覚室(B1)にて
申込不要、参加無料(要入場券)

出品リスト
(こちらからご覧ください↓)
「江戸ッ娘-Kawaiiの系譜」(PDF)

はじめに
原宿を闊歩する、明るく大胆なファッションに身を包んだ若い女性たち。その個性的な装いは日本のポップカルチャーを代表するもののひとつとして海外でも知られ、「kawaii」存在として注目されています。ファッションにこだわりをもって楽しむことは現代人だけの特権かというと、実はそうではないようです。浮世絵に登場する江戸の女性たちを見ていくと、豪華な髪飾りやカラフルで大胆なデザインの着物、こだわりの小物で個性を競い奇抜な化粧にも挑戦する、そんな姿であふれています。人々の派手に装うことへの欲求は大きかったようで、幕府は庶民の贅沢な装いに対する禁令を度々出しているほどです。しかしそうしたなかでも工夫をこらし、遊女はゴージャスに、町娘は愛らしく、武家の姫君ははなやかに、それぞれの個性にあわせてあらゆる立場の女性たちが貪欲にファッションを楽しんだ時代でもあったのです。kawaiiがあふれる原宿で、そのルーツを浮世絵の世界に探る展覧会です。

●入館料: 一般¥700 ・大高生¥500・中学生以下無料
●展覧会図録は作成いたしません。


●グーグル提供広告