« 中国文芸研究会 3月例会(2015年3月29日(日)、関西学院大学 大阪梅田キャンパス) | メイン | 新天理図書館善本叢書刊行記念「古典籍の至宝」展(2015年4月23日(木)【入場無料】)・記念講演会「新善本叢書について--収録書目の概要等--」講師:岡嶌偉久子氏(※要申込) »

2015年3月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●ドイツ・マールブルク市長 天理大学創立90周年表敬訪問記念 天理図書館特別展「ドイツと日本」(2015年4月2日(木)・3日(金)、天理大学 附属天理図書館2階展示室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tenri-u.ac.jp/calendar/q3tncs00000si66a.html
--------------------

天理大学創立90周年と天理市制60周年を祝して、マールブルク市、エゴン・ファウペル(Egon Vaupel)市長一行が、天理を訪問されます。このことを歓迎して、天理大学附属天理図書館所蔵のドイツおよびマールブルク市にゆかりのある資料から特別展「ドイツと日本」を企画しました。

フォペルの地球儀・渾天儀、マルティン・ルターのドイツ語訳聖書、仙台藩主伊達政宗がローマ法王へ送った慶長遣欧使節に関するドイツ語訳資料、グリムそしてハイデガーの自筆書簡など稀覯資料を14点、展示いたします。

マールブルクと関わりのある天理教関連資料としては、1960年にマールブルクで開催された国際宗教学宗教史会議での創設者・中山正善二代真柱が発表に関わる資料、1975年にマールブルク大学中央図書館で開催された天理教展覧会等の報告書、ポスター、資料等を展示します。

また、杉田玄白らの『解体新書』訳述のもとになったクルムス著『ターヘル・アナトミア』と原著ドイツ語版『解剖学表』など、日欧交渉史資料から医学書類を15点、さらには、2013年にロンドン大学SOASブルネイギャラリーで開催した『天理大学附属天理図書館所蔵日本古典籍展』から35点の古典籍を選び、日本の書籍文化を概観・鑑賞していただける構成になっています。

日時:4月2・3日 10:00~15:00
場所:天理大学 附属天理図書館2階展示室

入場無料、事前申込み不要

お問合せ:体育学部・近藤研究室
E-mail:hygiene※sta.tenri-u.ac.jp
※はアットマークに変換してください。

主催: 天理大学、附属天理図書館、後援:天理市


●グーグル提供広告